• ギフトラッピング対応商品

awaglass 泡が生まれる時間を楽しむオブジェ(大) studio note

¥5,500(税込)
いちじつ クリスマス限定ギフトラッピング

12月29日までの間、クリスマス限定ラッピングをご用意。
詳しくはこちら。

*こちらの商品が含まれるご注文は、沖縄県への発送に限り、発送日より5〜10日程度の日数を要する場合があります。

いつのまにか無心になれる

現代の生活では、あえて何も考えない時間をつくる方が難しいのではないでしょうか。「studio note(スタジオ ノート)」の「awaglass(アワグラス)」がもたらしてくれるのは、めまぐるしく動き続ける思考から少し距離を置く時間です。

砂時計のガラスのなかに、シャボン水が入っています。砂時計なら砂がたまる下部分に目がいきますが、awaglassの場合は逆。ひっくり返すと液体が下りていくとともに、上部のガラスのなかに泡がのぼるように生まれます。

「こぽっ、こぽっ」と大きな泡がゆっくりできることもあれば、「こぽぽぽぽ」と小さな泡が連続して生まれることも。動きが止まるまでに数秒だったり、数分だったり、スピードもまちまちです。

それゆえ、砂時計と同じ形ですが時間は計れません。むしろ眺めているうちに時間を忘れている——なんとも不思議な感覚が楽しいアイテムです。

“時間”について考え尽くしたもの

デザイナー、美術作家として活動する寺山紀彦さんによるstudio noteのプロダクトは、シンプルななかに独創的なアイデアが光り、見る者の心を惹きつけます。

awaglassは2011年から続く、ロングセラーアイテム。壁掛け時計をつくろうと、寺山さんが時計や時間について考え尽くした末に辿り着いた、「ものが持つ時間」を表現しているものだといいます。

「ものが持つ時間」とは、ものに対する感情の違いによって変化する、向き合う時間の長さのことです。

間に合わせで購入したものと、時間をかけて選んだお気に入りのものを想像してみると、手に持つ時間も、眺める時間も違うことがわかるのではないでしょうか。これを寺山さんは、それぞれの「ものが持つ時間」と捉えました。

想定外から生まれた、厚みのある“時間”

そこで、時間の象徴である砂時計に水を入れることを思いついたそう。「ぴちょん、ぴちょんと水が落ちていく様子をじっと見続けることになるので、『ものが持つ時間』が長くなると考えました」と寺山さん。

しかし、実際に水を入れてみると表面張力によって落ちなかったため、界面活性剤を入れてみることに。「そうすると液体は下に移動するんですけど、空気のほうが軽いので上に泡ができて、そっちに目がいくんですよね。それで、『泡ができる時間を楽しむ時計』っていいじゃないかと思ったんです」。

なかに入っているシャボン水は、粘度が弱いと落ちにくくなるため、水と界面活性剤のバランスを何度も試行錯誤しながら、オリジナルの配合を編み出しました。

オブジェとして飾るのはもちろん、動きがあるからいつまでも眺めていられる。音に耳を澄ますのも楽しい。こうして何層にも深みのある時間を持った、awaglassが誕生しました。

用途がないものの楽しさを

「用途が無いものの楽しさを味わってほしい。気軽にアートと触れるきっかけになればうれしいです」と、寺山さんは話します。 

部屋のなかを静かにさせて、泡ができる音に耳を澄ます時間も楽しいですよ。木製やスチール製など置く場所の材質によって音の聞こえ方が違うので、お気に入りの場所を探してみてください。

なかの液体は性質上、年月が経つと徐々に白っぽい色へ、泡の生まれ方や透明度にも変化が出てきます。直射日光に当たると白濁のスピードが早くなるそうなので、透明感を長く維持したい方はご注意くださいね。

暮らしになじむオブジェは、プレゼントにも最適。慌ただしく過ごす家族や友人、そして大切な自分へ。ぜひ、無心になれる時間をプレゼントしてください。

photo by Saori Kojima text by Mami Setogawa edited by Ikumi Tsubone

ほかのサイズの購入はこちらから。

メンバーのおすすめポイント

  • ライター / バイヤー 杉本

    ポコポコポコ......泡が生まれるたびにかすかに聞こえる音が心地よく、見入ってしまいます。

    私は就寝前や深夜など、静寂のなかでこの音と光景を楽しむのがとくにお気に入り。不思議と心が落ち着き、入眠にぴったりでした。

    光が当たるとまた美しく、夜は間接照明、朝は日光と、時間とともに変わる表情も楽しめますよ。 

  • プロジェクトマネージャー 三井

    気づくとついつい眺めているから不思議です。

    デスクの片隅に置かれたオブジェから、ポコポコ音を立てながら泡がつくられていく様子を眺めるのは、つかの間の癒しの時間になりそうです。

    インテリアとして友人へのプレゼントにもよさそうです◎

  • ライター 瀬戸川

    どんなときに使いたいかというと、「落ち着いていきやー!」と自分に声をかけたくなるとき。

    何かに集中していると、だんだん頭のなかが静かになっていく感じが好きなのですが、awaglassをひっくり返して泡を眺めていると、ぱっとそんな感じになれるんです。

    ぐるぐるぐるぐる考えが巡って眠れない夜にも◎

  • 代表 / デザイナー 島

    ただ無心で眺める。時間を忘れることも、時間を楽しむこともできる不思議なアイテムです。

    気持ちを落ち着かせたいとき、頭の中をリセットしたいとき、一息つきたいときなど、意外と日常生活での登場機会は多いと思います。

    ふとしたタイミングで気軽に触れられる場所に置いておくことをおすすめします◎

  • デザイナー 根本

    草木が風に揺れる音や、川が静かに流れる音と同じように、泡が生まれる音ってこんなにも心地よいということを初めて知りました。

    寝る前のゆったり時間に、その音に耳を澄ませながら本を読んだりなんかして。これぞ素敵空間! 

    ガラス製という点も、美しさと儚さが相まって個人的に好きなポイントです。 

  • ディレクター / バイヤー 坪根

    「泡が生まれる時間を楽しむ」。それだけでこんなに心がゆるみ、満たされるなんて。

    不規則に奏でる泡が生まれる音や、泡に光が当たったとき一部が虹色になるところがとても好きです。

    そんなふうに自分のお気に入りポイントを見つけるのも楽しいと思いますよ。

    いつも忙しく過ごしている友人への贈りものにもぴったり。




studio noteについて

プロダクトデザインを中心に、デザイナー、美術作家として活動する寺山紀彦さんによるデザインスタジオ。独創的なアイデアを日々になじむスタイルに落とし込んだプロダクトが、暮らしのなかにアートの楽しさを届けてくれます。

ブランド / メーカーの詳細と商品一覧はこちら

商品詳細・注意事項
サイズ 高さ150mm、直径60mm
素材

ガラス、シャボン水

有り
原産国 日本
注意事項

 ・撮影上、実商品と写真で色味が若干異なる場合がございますのでご了承ください。

・職人による手づくりのため、サイズや形に若干の個体差があります。

・液体の性質上、時を重ねると乳白色に変化します。

・直射日光があたる場所や、極端に気温が高いまたは低い場所で使用すると、乳白色に変化しやすくなりますので、ご注意ください。

・ガラス製品は傷がつくと破損しやすくなります。ガラス同士や、硬いものとぶつからないように注意して扱ってください。

・汚れが気になるときは、濡れふきんなどで優しく拭いてください。力を入れて洗いますと、破損し思わぬケガをすることがあります。

・転倒する場合がありますので、不安定な場所へは置かないようにしてください。

・お子様や、ペットの手の届かない所に置いてください。

ギフトラッピングについて

こちらの商品はギフトラッピング対応商品です。ご希望のお客様は、以下より種類を選択し、カートに追加をお願いいたします。

*商品ページ上部に「単品ギフトラッピング不可」のラベルがあるものは対応しておりません。

なお、ギフトラッピングをお選びで、複数商品をご購入のお客様は、お手数ですがギフト対象商品名をカート追加後の備考欄にご記入ください。

※記入例

おすすめの商品

閲覧した商品