渋うちわ 仏扇 車柄栗川商店

    ¥1,650(税込)
    いちじつ クリスマス限定ギフトラッピング

    12月29日までの間、クリスマス限定ラッピングをご用意。
    詳しくはこちら。

    乗りもの好きにいちおし

    竹と和紙でできた「栗川商店」の「渋うちわ」はとても軽やか。独特の色合いは、扇面に塗られた柿渋によるもので、丈夫で長持ちすることが特徴です。

    こちらの車柄は柿渋の風合いが生かされた「レトロ」、水彩絵具がにじんだような筆使いの「ポップ」、ブラックベースに白の線画がかっこいい「黒」の3種類。お好みで選んでくださいね。

    「仏扇(ぶっせん)」は、仏さまの「お灯明(とうみょう)消し」に使われる仏具をアレンジしたもの。一般的なうちわより少し細長く、持ち運びしやすいサイズです。夏はもちろん、冬の暖房で火照りを感じたときにも役立つので、季節問わずかばんに忍ばせておくと便利です。

    時を重ねるごとに増す美しさ

    来民渋うちわの最大の特徴は、表面に塗られた柿渋です。栗川商店では自家製の柿渋を毎年つくっており、龜(かめ)で5年以上発酵させたものを使っています。

    柿渋は和紙を丈夫にし、含有成分のタンニンが防虫、防腐、抗菌の役目を果たすため長く使い続けることができます。また柿渋のコーティング効果は水にも強く、乾かせば変わりなく使えます。なんと、ホースで水を10分ほどかけ続ける実験にも耐えたそうですよ!

    時を重ねるうちに柿渋の酸化反応で色が変化し、使うごとに竹のしなやかさが増してあおぎ心地もやわらかくなります。

    「新品の時だけではなく、年月を重ねるごとに美しさや価値が増す。西洋建築のようなものだと思うんです」と、栗川商店5代目の栗川恭平さん。まさに経年変化を楽しめるうちわは、ともに年を重ねる長い相棒となってくれることでしょう。

    すべて職人による手しごとで仕上げる

    渋うちわは、手作業でつくられるため一つひとつに表情のゆらぎがあり、それもまた魅力のひとつになっています。1つでき上がるまでには、大きく6つの工程があり、それぞれ専門の職人が仕上げています。

    1. 骨作り……「骨師」と呼ばれる職人が、うちわの骨をつくります。小刀を使い、幅2cmほどの竹に20本以上の切れ込みを入れます。
    2. 編み……うちわの形に開く工程は「編み子」さんの仕事です。切れ込みを放射線状に開き、一本一本を糸で編んで固定します。
    3. 貼り……「貼り子」さんが、手早く和紙を貼ります。手すきの和紙で骨全体をすっぽりと覆い隠します。
    4. 形切(なりきり)……丸、四角、小判形などの形に仕上げます。はさみではなく、うちわ形の包丁を木槌で叩いて切ります。職人は「形切師」と呼ばれます。
    5. 縁(へり)取り……「縁子(へりこ)」と呼ばれる職人が、うちわの周囲を補強します。
    6. 渋引き……うちわの表面に自家製柿渋を塗ります。その後、天日干しをして完成です。

    さらに、夏の盛りには自家製柿渋の仕込み、秋には真竹の刈り取りも職人が自ら行っています。ぐんぐん成長する竹林の手入れは一年を通して必要で、実は一番苦労が多い作業なのだそうです。

      歴史と物語のあるうちわ

      はじまりは江戸時代とされ、長い歴史を持つ渋うちわ。かつては来民に十数軒あったうちわ屋は姿を消し、今でもつくり続けているのは栗川商店だけとなりました。

      竹の伐採にはじまり素材の多くを自ら調達して、つくり手を確保し職人技を次世代につなげて、さらにそれを130年以上にわたり続けていく——。これは決してたやすいことではありません。

      それでも、栗川商店が「日本の天然素材を使って、手づくりすること」にこだわり、来民渋うちわをつくり続ける背景には、「物ではなく物語を届けたい」という栗川商店の思いがあります。

      お子さまへのプレゼントに◎

      「来民のうちわは100年もつ」といわれ、赤ちゃん誕生のお祝いや長寿の記念に選ばれている渋うちわ。とても繊細な見た目ながら、竹の骨はしなやかで折れる心配がいらないほど丈夫。そのうえ、柿渋効果で水に濡れても平気という頼もしさです。この丈夫さは、お子さまの持ち物として安心感がありますよね。

      車柄は「子ども向けの商品を」と生み出されたもの。栗川商店のデザイナーであり、うちわ職人でもあるSuu(スー)さんによるデザインです。かわいらしさとかっこよさが共存する絵柄は、乗りもの好きのお子さまはもちろん、大人の方もぜひどうぞ!

      仏扇はこのほかに、無地、カラフルな伊勢型6種類をお取り扱いしています。一回り大きい「小丸(しょうまる)」もご覧くださいね。

      photo by Saori Kojima text by Mami Setogawa edited by Ikumi Tsubone

      メンバーのおすすめポイント

      • デザイナー 根本

        「か、かわいいっ!」。まずその一言が出ました。

        大人っぽい柄だけでなく、お子さまとも一緒に使えるポップな柄があるのはうれしいです◎

        私は「レトロ」がお気に入り。和紙のナチュラルな色味をいかした派手すぎない色使いが素敵です!

      • 代表 / デザイナー 島

        これは小さい子が持っていたら、絶対かわいいアイテムですね!

        パッケージもインパクト大。プレゼントにもおすすめです。

        柿渋染めで丈夫につくってあり、趣のある風合いです。長く使っていくなかでの変化も味になりそうです◎

      • ライター / バイヤー 杉本

        遊び心あふれるデザインって大好き! 私は「ポップ」がお気に入りです。

        水彩タッチの色使いが鮮やかで美しく、見ているだけでハッピーに。

        夏の楽しい気分をさらに盛り上げてくれそうです。

        このうちわを片手に、夏祭りに出かけたい!

      • ディレクター / バイヤー 坪根

        夏の間、外出時に仏扇をかばんに入れて持ち歩いているのですが、ほんとうに便利! 

        小さいのに風をしっかり届けてくれる頼もしいうちわです。

        こちらの車柄は、甥っ子、姪っ子や知人の子どもへのプレゼントにいいなと思っているのですが、どれもかわいらしくて迷っちゃう......! 

      • ライター 瀬戸川

        このデザインは、車に常備決定!です。

        我が家はレトロカーに乗っていまして、真夏はエアコンが効くまで灼熱。つい鬼の形相になってしまうのですが、かわいらしい渋うちわであおいで涼しい顔で乗り切りたいと思います。

        助手席限定ですが、日焼けが気になる顔をさっと隠せるサイズもよきです。

      • プロジェクトマネージャー 三井

        大人から子どもまで楽しめちゃう、車柄ってかわいいなぁ〜。

        暑い夏では、ベビーカーでの外出は大変ですが、そんなときでもこの車柄のうちわがあれば、お子さんも楽しみながら涼めちゃうはず。

        ぜひ、夏のイベントのおともにおひとつどうぞ。

      栗川商店について

      明治22年創業の「栗川商店」は、熊本県山鹿市・来民地域で伝統工芸品の「来民渋うちわ」をつくっています。かつては町をあげての主要産業だったものの、今では渋うちわをつくっているのは栗川商店のみ。江戸時代から伝わる技法を引き継ぐだけではなく、現代の価値観に合わせてアップデートしながら来民の伝統を守り続けています。

      ブランド / メーカーの詳細と商品一覧はこちら

      商品詳細・注意事項
      サイズ

      横150mm×縦310mm

      素材

      真竹(阿蘇外輪山産)、手漉き和紙、自家製柿渋

      原産国 日本
      無し
      注意事項

      ・撮影上、実商品と写真で色味が若干異なる場合がございますのでご了承ください。

      ・火の近くで使用する際は取り扱いに十分にご注意ください。

      ・和紙は破れやすい性質の為、角の尖ったものに当たらないように注意してください。

      ギフトラッピングについて

      こちらの商品はギフトラッピング対応商品です。ご希望のお客様は、以下より種類を選択し、カートに追加をお願いいたします。

      *商品ページ上部に「単品ギフトラッピング不可」のラベルがあるものは対応しておりません。

      なお、ギフトラッピングをお選びで、複数商品をご購入のお客様は、お手数ですがギフト対象商品名をカート追加後の備考欄にご記入ください。

      ※記入例

      おすすめの商品

      閲覧した商品