• ギフトラッピング対応商品
  • 送料無料対象外

擂鉢 九寸 東屋

¥15,950(税込)
いちじつ クリスマス限定ギフトラッピング

12月29日までの間、クリスマス限定ラッピングをご用意。
詳しくはこちら。

たっぷり使えるのが嬉しい

ラーメン鉢よりもさらに大きなサイズ感が頼りになる、こちらの擂鉢(すりばち)。大ぶりな山芋をすって、とろろをたっぷりつくったら、ご飯やうどん、そばなどにかけて味わい尽くしたい!

大は小を兼ねますから、ごまや香辛料をすったり、豆腐やふかし芋などの食材を潰したりするのもお任せあれ。ポテトサラダをつくるのもいいですね。

大人数での食事の際や、ホームパーティーといったシーンでは、そのままサーブして器としても使っていただくのもおすすめです。

伊賀の土が生んだ擂鉢

製造を手がけるのは、三重県伊賀市の耕房窯。土鍋で有名な伊賀焼の歴史は古く、鎌倉時代に生産が始まったといわれています。

伊賀市はかつて琵琶湖の底にあったといわれており、伊賀焼に使われる陶土は、古琵琶湖の時代に花崗岩が風化し湖底に堆積した地層から採取されたもの。土中には400万年前の木や微生物が含まれているのだそうです。ちょっぴりロマンを感じますよね。

またこの陶土は耐火度が非常に高いことが特徴。高温で焼き締めることでしっかりとした硬さが生まれるため、繊細な櫛目部分も欠けにくく仕上げられます。とはいえ、お手入れの際には、金属製のへらやたわしなどを使うと欠けやすくなるのでご注意くださいね。

細部まで工夫されています

便利な注ぎ口付きで、かつ内側の縁のすぐ下にある溝がポイント。傾けたときに注ぎやすいよう計算してデザインされています。ごま、くるみや落花生などの乾燥した食材でも、とろろ、豆腐といった水分を含む食材でも使い勝手がいいです。

使うときにはいくつか注意が必要です。使用前には擂鉢のなかを水洗いし、ホコリを落としてください。水を通すと擂鉢が適度に水分を含み、食材のにおいや色素がつきにくくなる効果があります。

また底にはざらつきがあるため、擂鉢の下に濡らしたふきんや手ぬぐいなどを敷いて使うと、テーブルを傷つけず安定感も出て安心です。東屋の「麻布十四番」を一緒にお使いいただくのもおすすめですよ。

粗い土を使用していることから、食材や水分を入れたまま長時間放置すると、カビやにおい移り、汚れの染み込みの原因になります。使ったあとは食器と同様に中性洗剤などを使って洗い、水気をとってしっかり乾燥させてくださいね。

内側の櫛目のお手入れには天然のたわしや薬味寄せを使って、食材をかき出してください。長く使ううちに櫛目が欠けてしまうことがあるかもしれませんが、お直しはできません。ていねいに使っていただけたらうれしいです。

思わず見惚れてしまいます

素朴な土の風合いと、ツヤのある黒飴釉のコントラストが魅力的な擂鉢。台所で使うときも、食器棚に収納されているときも、そこにあるだけで絵になるような、独特な存在感があります。

九寸サイズは、こちらの「擂粉木(すりこぎ)」がぴったり。ぜひ一緒に使ってくださいね。擂鉢は重ねて収納することもできるので、さまざまなサイズをそろえてお使いいただくのもおすすめですよ。

photo by Saori Kojima text by Kaori Sugimoto edited by Ikumi Tsubone

ほかのサイズ、セットでお使いいただけるアイテムのご購入はこちらから。

メンバーのおすすめポイント

  • 代表 / デザイナー 島

    山芋が大好きなので、家族5人分の量をたっぷりすることができる九寸サイズの入荷を待っていました。

    一押しのポイントはとろろや汁物が注ぎやすい注ぎ口。これがあると無いとでは使い勝手が大きく違います。

    すり鉢の櫛目は細かいので、山芋をする際は一度おろし金ですってからすり鉢でより細かくすると、よりなめらかなとろろになっておすすめです。

  • ディレクター / バイヤー 坪根

    黒飴釉の豊かな表情が特徴的なすり鉢は、料理の器としてそのまま食卓に出したくなる存在感があります。

    食材をすったり、混ぜたりするだけでなく、片口の部分は液垂れしないようにつくられているので、ポタージュの下ごしらえにも便利。

    ひとつあると料理のレパートリーがぐんと増えますよ。

  • デザイナー 根本

    頼もしい大きさの九寸。にんにく、バジルなどでソースをつくったら、カット野菜や茹でたパスタをすり鉢に入れ、そのまま和えて料理の完成!

    大きいすり鉢だからこそできることです!(拍手)

    直接食卓に置いても素敵な見た目も◎ ずっしりとした重さがあるので、ものをすっているときもブレずに使いやすいです。

  • プロジェクトマネージャー 三井

    九寸はそこそこ大きいので家族が多いご家庭向けのサイズ感です。

    すり鉢の溝がしっかりしているので、すったときのゴリゴリ感がたまらなくいいですよ。

    しっかりとした造形で重量もあるので安定感もばっちりです。

    するだけではなく、和え物もつくれるのがすり鉢の魅力ですよね。最近は豆腐にハマっているため、ほうれん草の白和えをつくってみたくなりました◎

  • ライター 瀬戸川

    実家で使っていたすり鉢と同じサイズ。

    すった山芋に出汁を加えたとろろを4人家族で分けても、それぞれたっぷり食べられます(それでも姉と取り合いしていた強欲な記憶も蘇りました)。

    伊賀焼はずっしりしていて、支え役がいなくても安定感があります◎

    底裏には東屋さんと耕房窯さんのロゴマークがさりげなく刻まれていて、ひそかなお気に入りポイントです。

  • ライター / バイヤー 杉本

    大きな食材から小さな香辛料まで、幅広くお使いいただける汎用性の高いサイズが魅力です。

    そのまま食卓にサーブして器として使えるのもいい。大きな器はそれだけで存在感があるので、デザインも重要!

    和ともモダンともとれる落ち着きのある佇まいなので、食卓でも棚でも静かに調和してくれそうです。

東屋について

1997年の創業当時から信頼できる国内の手工業と協働し、暮らしの道具をつくり続けている東屋(あづまや)。日本の職人の技術を絶やさぬよう、ものづくりの仕組みから正し、使い勝手や使い心地を追求した商品を生み出すという一切妥協のない姿勢を貫いています。

ブランド / メーカーの詳細と商品一覧はこちら

商品詳細・注意事項
サイズ 直径約270mm×高さ約105mm
重さ 約1.8kg
素材 伊賀黄土
製造 耕房窯(三重県伊賀市)
生産国 日本
有り
注意事項

・撮影上、実商品と写真で色味が若干異なる場合がございますのでご了承ください。

・一点一点手づくりのため、色味や形などに若干の個体差があります。

・使用前は水洗いしてホコリを落としてください。

・底にざらつきがあるため、使用時は下にふきんなどを敷いた状態で使用するのがおすすめです。

・使用後は、櫛目に沿ってたわし等で食材をかき出し、水洗いしてください。金属製のたわしは櫛目を損なうおそれがあるため使用しないでください。

・食材を入れたまま放置するとカビの原因となります。また、すり鉢の中に水分を入れたままにすると汚れが染み込みにおいが残りやすくなります。しっかり洗い流し、水気をよく切ってから、風通しのいい場所で斜めに立てかけ裏返して乾燥させてください。

・櫛目を損なわないよう、ほかの食器と重ねずに保管してください。やむを得ず重ねる場合は、間にふきんなどを挟んでください。

・長時間使用しない場合は、綿布などに包み、湿気の少ない場所にしまってください。

・電子レンジは使用可能ですが、直火やオーブンでは使用できません。

・櫛目が欠けた場合、お直しはできません。そのままお使いください。

ギフトラッピングについて

こちらの商品はギフトラッピング対応商品です。ご希望のお客様は、以下より種類を選択し、カートに追加をお願いいたします。

*商品ページ上部に「単品ギフトラッピング不可」のラベルがあるものは対応しておりません。

なお、ギフトラッピングをお選びで、複数商品をご購入のお客様は、お手数ですがギフト対象商品名をカート追加後の備考欄にご記入ください。

※記入例

おすすめの商品

閲覧した商品